うつ病不安症障害におススメの栄養療法メガビタ高たんぱく食

高たんぱく食メガビタミン生活でどうかわったか

高たんぱく食メガビタミン生活でどうかわったか

 

 

 

 

うつ病栄養療法.不安障害栄養不足.うつ病に高たんぱく食.不安障害メガビタミン

 

 

 

 

 

オーソモレキュラーを主体とした栄養療法の開始

 

で書いた通り

 

管理人アキは7月頭から

 

オーソモレキュラーを主体とした

 

栄養療法を開始してまして。

 

 

 

※オーソモレキュラー:分子整合栄養医学

 

 

その理由は

 

 

 

 

 

 

心身の調子が

 

 

 

低空飛行してきたから

 

 

 

 

 

たんぱく質とミネラルとビタミンが

 

足りないことはもとより

 

 

 

 

食事だけでは栄養が足りてないんだろうな

 

と実感したから。

 

 

 

 

元気にこれからバリバリモリモリ

 

仕事をするゾ!(・o・)

 

・・・て時に((+_+))

 

 

砂糖や添加物を極力摂取しないこと

 

以上に必要な元気が足りてないと。

 

 

 

現代の食事はカロリー過多のわりに

 

栄養がスッカスカです。

 

ハッキリ言えば

 

なにも気にせず食事をすれば

 

 

 

 

90%以上は糖質ですよね。

 

 

 

 

病んでたらほぼ100%糖質摂りますよね。

 

スナック菓子、菓子パン。

 

ジャンクフード。

 

便利で時短な食事。

 

 

 

パン1枚で炭水化物40g。

 

おにぎり1個で炭水化物40g。

 

コンビニ弁当で炭水化物80g。

 

 

 

これにラーメンだ、スイーツだ、

 

コーヒーだ、コーラだ、

 

を1日中摂取し続けるのだから

 

下手すりゃ

 

 

 

 

 

1日で炭水化物500~1000g摂れちゃうよね(-.-)

 

 

 

1ヶ月で15kg~30kg

 

 

 

 

 

 

 

そら病気なるわ!

 

 

 

 

\(-o-)/

 

 

 

 

 

 

そのわりに

 

臓器、脳、神経に主に必要な

 

たんぱく質って一体どのくらい摂取しているのだろう?

 

 

 

 

 

 

考えたこともなかった・・。

 

 

 

 

 

 

  あなたの食生活はどうですか?

 

 

 

 

時間と同時に健康そのものまでショートカットしてたらマズイよね。

 

 

 

 

 

あれから2ヶ月・・

 

さてどうなったでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

管理人アキが開始した栄養療法の内訳

 

 

アルコール依存者用のオーソモレキュラー

 

 

 

 

 

うつ病栄養療法.不安障害栄養不足.うつ病に高たんぱく食.不安障害メガビタミン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★【メニュー】★

 

 

 

 

・1日に摂取するたんぱくの目安量は100g

 

(体重×1.5グラム→ 70×1.5=105g)

 

 

 

基本の食事は

 

鶏肉、豚肉、牛肉、卵、チーズ、ナッツ

 

プラス野菜は好きなだけ。

 

果物は朝にひとつと

 

喉が渇いた時に適量。

 

 

 

 

 

栄養素を最大限にフル活用のため砂糖は可能な限り回避

 

 

 

米、パンは食べない日は全く食べない。

 

2,3日に1回食べる日もある。
(中休みや飽きないようにするために。)

 

そこは臨機応変。

 

食べたいなぁ~と欲するときは

 

食べる。

 

低血糖気味なので

 

完璧に糖質をゼロにするのも危険と判断。

 

夕方はウィダーインプロテインベイクドチョコ

 

でたんぱく質と糖質を補給。

 

丁度いいおやつ代わり♪

 

 

 

 

 

 

 

【サプリメント】

 

 

1日の摂取量

 

 

 

  • ビタミンC 6000~8000mg
  •  

  • マルチビタミン 2粒
  •  

  • ビタミンB50コンプレックス 2粒
  •  

  • マグネシウム 500mg
  •  

  • ナイアシン 100mg
  •  

  • レシチン 小さじ2杯
  •  

  • アミノ酸スコア100のホエイプロテイン 20g
  •  

  • ビタミンE(dアルファトコフェノール)  200IU
  •  

  • 鉄 27mg
  •  

  • クロム(銅)  400mcg
  •  

  • Lグルタミン 2000mg

 

 

 

 

こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

今はアルコール依存ではないけど

 

アルコール乱用の期間が長かったので

 

それにともなう身体のダメージを

 

修復しようと考えました。

 

今頃になってガタがきているのは

 

 

 

 

アルコールと10年の精神薬の害の可能性が大きいとも推測

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身体は昨日今日作られているわけではありません。

 

長期スパン、年単位で様子を見る必要があると思う。

 

 

 

 

ビタミンの枯渇や腸内環境のダメージ。

 

糖質過多&たんぱく質不足による

 

害の蓄積と生命力の低下。

 

 

アルコールを分解する際に多量に

 

必要になるナイアシンの補充。

 

細胞や神経、身体の資本となるたんぱく質

 

主体の食事です。

 

 

低血糖も引き起こし気味なので

 

ミネラルも必要だろうと。

 

めまい、ふらつきも自律神経を整えるためにも

 

ミネラル(鉄、銅、亜鉛)にも気を配る。

 

なるほどアルコール依存者の人が

 

陥りやすい傾向をなぞっているのかもしれない

 

と思ったので

 

藤川先生の投稿にもあった

 

アルコール依存者用の栄養療法が

 

今の僕にもふさわしいであろうと判断。

 

 

前回の記事

 

でもお伝えしたサプリをそのまんま

 

まとめて購入。

 

 

 

 

 

 

最初は様子見ということで

 

軽めからスタート。

 

徐々に増やしていこうという感じです。

 

いきなりメガ容量をすると

 

身体がビックリして

 

吐き気や頭痛など

 

が起こるからです。

 

特にナイアシンは

 

ナイアシンフラッシュという

 

身体全体が紅潮するから

 

要注意だそうで。

 

 

※ ナイアシンフラッシュを経験しましたがかなり強烈でした。
それはまた書きます。

 

 

 

さぁどうなったか!?

 

 

 

 

 

 

変化

 

 

 

 

 

 

 

初日

 

こんなに大量のサプリメントを

 

飲んで大丈夫なのかな?という

 

少々の不安を抱えつつ(^_^.)

 

 

 

おしっこ濃っっ!(笑)

 

※ビタミンB2によるもの。

 

 

 

ションベン小僧もビックリ(!?)な

 

濃いぃ~ペンキのような山吹色のおしっこ。

 

ちなみに

 

慣れてないからでしょうか・・・

 

 

 

 

プロテインがマズイ(-.-)

 

 

 

 

 

すっげぇ苦手。

 

でもすべてはたんぱく質主体のためだ!

 

頑張れアキ!

 

 

 

 

翌日

 

 

 

下痢しました\(-o-)/

 

 

 

栄養素がキツイと思われ。

 

まだまだ身体がメガビタミンに順応の最中。

 

また

 

う○この匂いがビタミンB50コンプレックスの匂いでした。

 

きついのかな~。

 

栄養の吸収機構が整うまでは

 

色々と症状は出てくる模様。

 

 

 

 

 

2週目

 

 

 

 

便通が整いだす

 

 

 

スルンっていう快感を得たのはいつぶりだろう?

 

Lグルタミン効果か。

 

腸が柔らかくなった気がする。

 

他には

 

 

髪が黒々としてきた。

 

声も大きくなってきた気がする。

 

やっとプロテインのまずさにも慣れてきた(笑)

 

少し元気が出てきたように感じる。

 

その証拠に

 

筋トレを始める。

 

懸垂が6回できるようになった。

 

筋肉痛になるが夜には素早く回復してた。

 

 

 

プロテインの量を16gから24gに増やしてみた。

 

仕事中ちょっと胃が痛くなった。

 

もう少し慎重に行こう。

 

 

 

 

 

 

3週目

 

 

 

寝起きのめまい・ふらつきが減少傾向に

 

 

 

 

猛暑の中バイクの仕事中にあることに気付く。

 

暑いんだけどしんどくない。ツラくない。

 

甘いモノを我慢せずとも

 

自発的に食べないようにできている。

 

これは鉄分の効果だろうか。

 

 

身体と心が欲するものが

 

変わってきているのかもしれない。

 

 

やりはじめたところなのですが

 

心身の変化はわかりやすく

 

でる傾向にあるのが管理人アキの

 

体質。

 

 

この頃からナイアシン500mgを単体で飲み始める。

 

(他のサプリメントにも含まれているので様子を見ていた。
1日で130mgは摂取していたのだろうけど問題はなかったので開始。)

 

 

皮膚が真っ赤になりチリチリと

 

燃えるようなナイアシンフラッシュの洗礼を受ける。

 

仕事中に信号待ちで飲んだことがあった。

 

会社に帰ってきたら真っ赤になってた(笑)

 

 

フラッシュが出る日と出ない日があるよう。

 

なぜかコーヒーを飲んだら激しく赤くなった。

 

もう少し見極めたい。

 

 

 

4週目

 

 

 

 

たんぱく食に飽きてきました(笑)

 

少し停滞期なのか慣れてきたのか

 

初月ほどの変化は感じなくなりました。

 

あ。めまい、ふらつきはかなりラクにはなってきている。

 

朝、起きたてがラクですね。

 

しんどいなぁ~と思うのは

 

朝からマズイプロテインを飲まなきゃいけない

 

ことでしょうか(笑)

 

うん。やっぱ慣れねぇな(笑)

 

息を止めて飲んでます(-.-)

 

 

 

ここで一句。

 

 

 

 

 

 

 

♪プロテイン

 

息止めながら

 

口にIN♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5週目

 

 

全体的に少しずつ摂取量を増やしても

 

問題はない。

 

ナイアシンは今は1日に2000mgまで摂取できるようになった。

 

朝,、

 

最初の1粒(500mg)を飲むときは

 

まだフラッシュするけど軽くなってきた様子。

 

 

 

 

 

 

2か月経過して・・

 

 

 

 

 

変化ってやつは

 

最中には気づかないことが多い。

 

 

 

 

あとでわかることが圧倒的に多いと思う

 

 

 

 

たとえばあなたの身長。

 

 

グングン伸びているとしても

 

自分の目線が高くなったことに

 

気付くのはいつもならぶつけないハズの

 

扉に頭をぶつけたり

 

誰かに「背、伸びた?」って言われたあとで

 

「そういえば・・」

 

「あ。やっぱり!」

 

なことが多いですよね。

 

 

 

また反対に

 

 

 

管理人アキみたいに

 

敏感な人はやりはじめのスグに

 

劇的に体感が変わる人もいます。

 

そのあと慣れていき”日常”になり

 

変化は緩やかになります。

 

 

なんにも変ってない・・・

 

そういうときこそ

 

自分でも気づいていない変化の最中なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

管理人アキの今が2か月経過のそのときです。

 

 

 

 

 

相変わらず劇的に感じるのはプロテインのマズさですが(笑)

 

 

お陰様で

 

 

 

身体の不調はほとんどきえました(^_^.)

 

 

 

精神状態も良好に戻せたと言ってよいでしょう♪

 

2ヶ月の蓄積と継続ですね。

 

だからと言って辞めてしまうと

 

元通りになるのは早いハズ。

 

せっかく高たんぱく食とメガビタミンの

 

 

 

 

栄養療法で健康の土台をつくることが出来たのだからずーっと継続してやっていく予定です。

 

 

 

 

 

 

薬物療法をしようとは思わなかったのか?

 

 

 

 

 

 

ちなみにですが

 

ちょっと朝起きにくい、

 

なんかうつっぽい・・

 

ってことも2016年あたりから

 

出てきてたわけですが

 

 

 

薬物療法をしようとはこれっぽちも思いません。

 

 

 

そんなことをしても

 

薬害の問題を増やすだけで

 

健康からはますます遠ざかることを

 

身を持って知っているので。

 

 

 

慢性疾患にこそ栄養を補給することが先決だと思っています。

 

 

 

 

僕が言っているのは精神薬の話です。

 

すべての薬をいつ何時全否定

 

というわけではありません。

 

 

 

 

骨折した、ウイルスに感染した、

 

手術しないと命の危険がある・・。

 

こういう緊急的な場合には

 

アロパシー(西洋医療)などの

 

対処療法はするべきだと思っています。

 

(実際僕も肩の手術をした時は抗生物質とか飲んだし。
歯医者とか。)

 

 

 

かといって今あなたが

 

 

 

うつや不安障害、適応障害など

 

慢性的に状態が悪く

 

薬物療法をしているなら

 

今スグに止めると危険です。

 

 

年単位で服用している場合は

 

慎重に対処するべきかと思います。

 

下手すりゃ命を落とす危険もありうる。

 

 

 

ここはもうケースバイケースだし

 

 

 

 

個人差がある

 

 

というよりは

 

 

個人差しかないですから

 

 

 

 

 

 

ここはご自分で調べて吟味し

 

自分としっかり相談して決めましょう。

 

 

 

食事や栄養療法も辞めてしまえば

 

状態は悪くなる。

 

薬物療法も急に辞めてしまえば

 

悪化&再発ってこともありうる。

 

 

 

ただそれが

 

 

 

 

いまのあなたの身体に必要かどうかを

 

自分で見極める必要があるってことです。

 

 

 

管理人アキは精神薬はもうたぶん飲まない。

 

今のあなたにとって薬が命だと信じているのなら

 

それを選ぶのもやり方だし生き方。

 

でも・・

 

 

 

栄養はきちんと摂ってね♪

 

サプリメント系を活用するなら

 

お薬との併用はしっかり調べてから

 

飲用しましょう!

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

前回記事
オーソモレキュラーを主体とした栄養療法の開始

 

次回記事
高たんぱく食メガビタミンが向かないひと

 

 

 

 

 

高たんぱく食メガビタミン生活でどうかわったか関連ページ

高たんぱく食メガビタミンが向かないひと
【適応障害】や【うつで働けない】ひとでも高たんぱく食メガビタミンの栄養療法でメンタルは改善していきますが糖質過多のひとやたんぱく質慣れしていない女性は注意が必要です。
オーソモレキュラーを主体とした栄養療法の開始
【うつ病】や【不安障害】などの慢性疾患は栄養状態を改善すれば治る。【うつ病】や【不安障害】も現代の栄養失調症。
発酵食品を積極的に摂りうつを緩和させる 
【発酵食品】が腸内環境と脳を整える脳腸相関【うつ】をマシにさせる【発酵食品】であなたが積極的に摂りいれるべき食品とは?
うつ克服のための食事改善
【うつ克服】には【栄養療法】。生活習慣病メンタル版がうつだとしたら【うつ克服】には【栄養療法】がかなり効果的だと思います。
うつを悪化させる食べ物
【うつを悪化】させると食べ物として【過剰な炭水化物・糖分】と言われているのをご存知でしょうか?特に冬場になると【甘いもののドカ食い】をして精神が不安定になっている人は【うつを悪化】させているかもしれません。
うつが治らない原因は食事かもよ?①
食生活の乱れは体調不良はもちろん、心の病になる方も多い現実。現代の病気・・・うつも含めほとんどが生活習慣病と言われております。まずは食事から見直すべきことは多々あるのです。
うつが治らない原因は食事かもよ?②
人工甘味料入りの加工食品はおいしいですが健康を損なっていきます。もしあなたがうつが治らないとお悩みで食生活が乱れているのであれば食事改善をすることで劇的に快癒することもあるのです。
うつが治らない原因は食事かもよ?③
うつの人に必要な脳内に必要な栄養素をしっかり変換しないと栄養にならない。○○が含まれている食材を意識し、摂取することで精神的な気分も変わってきますよ!
うつが治らない原因は食事かもよ?④
うつをいち早く克服するために必要なことは食事改善だと経験から思います。脳内に栄養を行き渡らせるために必要な酵素。酵素をしっかり働かせるために必要な栄養素はビタミン(別名:補酵素)です。
イライラした時にはバナナらしいな!?
【うつ】で【イライラ】することもあります。【イライラ】を抑えるにはカルシウムとセットで大切な栄養素がバナナには含まれています。
うつイライラの代表的な食べ物 
うつイライラの代表的な原因はあなたも大好きな○○だった!?当てはまっている可能性は非常に高いです!
うつ・精神不安定の要因①~マグネシウム不足~
うつっぽく無気力でイライラ。まぶたのけいれんもある場合に慢性的なマグネシウム不足の可能性を疑う。
うつ・精神不安定の要因②~マグネシウムの上手な補い方~
うつ、イライラ、無気力の原因は【マグネシウム】不足だった。300種類以上の酵素を活かす【マグネシウム】の補い方。
うつ・精神不安定の要因③~鉄分不足~
【朝】から無気力で起きられないなどの【うつ状態】が現れるあなたに足りていない栄養は鉄かも知れません。
うつ・精神不安定の要因④~鉄分不足時の特徴~
精神不安定時は【鉄分不足】を疑う。【鉄分不足】の時に冷たい飲み物や氷を欲する理由。
うつ・精神不安定の要因⑤~たんぱく質不足~
精神不安定はエネルギーが枯渇する一歩手前や限界や底がみえた時に陥りやすい。脳の主要エネルギーはたんぱく質だ!
どこよりも詳しいセロトアルファ徹底レビュー
朝起きれず夜眠れないあなたに。どこよりも詳しいセロトアルファ徹底レビューページです。
病んだ人に共通した食べ方 
病んだ人に共通した食べ方は噛まずに食べている。スイーツや砂糖菓子は丸呑みも同然。これでは胃腸に負担をかけ精神を病ませてしまいます。
咀嚼のススメ
【うつ】などの【精神不安定】に陥りやすい人の砂糖のバカ食い。咀嚼をすることで得られるメリットと甘いお菓子の減らし方。
甘いものがどうしてもガマンできねぇ!
【うつ悪化】と精神不安定と【砂糖】と血糖コントロールの深い関係性。
うつうつとした時の腸内環境の善玉菌悪玉菌
【うつ病腸内環境】を改善する【サプリ】のご紹介。【うつ病腸内環境】は発酵食品と乳酸菌を摂りいれた菌活&腸活で活かすライフへ。
心が病んだ時に必要な栄養素をサプリでサクッと補給する
【うつ改善】に必要な栄養素は【酵素】をいかに摂取するかが大切になります。しかし【うつ改善】の食事療法だけでは継続が難しい場合に【酵素】をバッチリ摂れるサプリメントのご紹介。
うつは食事療法で快癒に向かう傾向がある
【うつ】は【食事改善】でひとが変わったように快癒に向かうこともあります。ジャンクフードや【砂糖】の摂り過ぎを控えただけで精神が安定してきた症例を2つご紹介。

出社うつの緩和に

管理人アキへメールする


活かしたアイテム集 初めての方へ もくじ