うつ病食事を変える不安障害の栄養状態精神不安定の原因栄養失調

オーソモレキュラーを主体とした栄養療法の開始

オーソモレキュラーを主体とした栄養療法の開始

 

メガビタミン+高たんぱく食

 

糖質制限は必須事項

 

 

 

うつ病食事を変える.不安障害栄養状態.精神不安定の原因栄養失調症.うつ病何の栄養が足りない?.食事療法でうつを治す

 

 

 

 

 

管理人アキが始めた栄養療法

 

 

 

 

 

メガビタミン+高タンパク質+糖質制限=藤川理論 です

 

 

これはのちほどご紹介しましょう。

 

 

 

 

さて

 

 

 

 

前回の記事

 

に食いついた人がけっこうおったようで(笑)

 

心配のメールからはじまり

 

みなさんの

 

興味津々さがうかがえました(^_^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

管理人アキの食の観点からみる

 

うつだったり不安障害だったり

 

メンタル不安定さを

 

振り返ったわけですけども。

 

断薬5年目に現れた不調の原因に至るまでと

 

その考察と持論を書いてきたわけですけども。

 

 

 

 

メンタルの不調を訴える人は

 

食事がボッコボコだと思います。

 

自分では普通だと思っている人ほど

 

まるで栄養が足りてないことに気付かないまま

 

 

 

 

 

自分はダメだ。

 

自分はクソだ。

 

なんでいつもこうなるんだ。

 

なにが問題なんだ?

 

なんで逃げ出しちゃうんだ?

 

不安と恐怖に押しつぶされそうだ。

 

またそんな自分が嫌だ。

 

 

 

 

 

という

 

 

 

 

 

不毛な自分責めを止めることが出来ないですよね

 

 

 

 

 

その思考、感情、認知はあなたの

 

健康状態の悪さが具現化したもの・・・

 

とするなら

 

 

 

灯台下暗しになっている栄養状態を改善すれば快方に向かう!

 

 

 

 

 

 

改めてそう思わされた

 

オーソモレキュラーを主体とした

 

藤川理論式栄養療法。

 

 

※オーソモレキュラー
・・・分子整合栄養医学とも呼ばれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慢性疾患は栄養状態を改善すれば治る

 

 

 

 

 

 

 

 

それは心の病も例外ではない。

 

 

 

 

藤川先生によると

 

 

 

 

 

 

 

     

  • 統合失調症
  •  

  • 摂食障害
  •  

  • 慢性うつ病
  •  

  • アルコール依存症
  •  

  • パニック障害
  •  

     

 

 

 

など

 

 

 

慢性疾患は栄養状態を改善すれば治る

 

 

とおっしゃっています。

 

(早期発見であればあるほどその可能性が高い。
もちろん先天的な持病など例外もある。)

 

 

 

 

心の病は言うなれば

 

 

 

 

出口の見えない慢性疾患だもんな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特にアルコール依存症の記述には

 

非常に興味が沸いた。

 

 

 

 

 

Abram Hoffer、M.D.、Ph.D.からのメッセージ

 

「私はアルコール依存者会(アルコールアノニマス、AA)の共同創始者であるBill Wに会って以来、私達は親しい友人になりました。
アルコール依存症の治療には個人的な関心がありました。 AAは多くの人が他に見つけることができなかったアルコール依存症の精神的なよりどころ提供し、
禁酒を維持するのを助けたが、多くの患者にとってAAだけでは不十分であった; AAの誰もが完全な禁酒を達成したわけではなかった。
ナイアシンが慢性うつ病やその他の身体的、精神的な苦情から大いに救済されたので、彼はアルコール依存症の治療にナイアシンの使用を導入して、
非常に熱心にナイアシン治療を行った。

 

ナイアシンは、アルコール依存症の最も重要な治療法であり、最も信頼性の高い治療法の1つであり、
現代の精神医学より安全です。このような結論は、私の同僚と私が1953年以来行ってきた仕事に基づいています。

 

「飲酒を止めたくないが、ナイアシンを摂取することに同意した多くのアルコール依存症者のことを知っている。小規模ですので私は多くの人を見たわけではありませんが、
プログラムを早期に開始すれば、より多くの人が正常になることができると私は思っています。これらのアイデアを使用する治療センターはいつでも利用可能になり、
今日の標準的な治療法に比べて、病院に入院され、深刻な痛みや苦しみをともなうような治療に比べ、有効であり、処方箋なしで利用可能です。

 

この治療法は単独で使用することができますが、食事療法のアドバイスや追加の栄養素と組み合わせることが最も効果的です

 

テキサス大学教授でアメリカ化学協会の前会長であったロジャー・ウィリアムス博士もアルコール中毒について沢山報告している。
ウィリアムズ博士は大量のビタミンとL-グルタミンと呼ばれるアミノ酸を推薦しました。

 

アルコール中毒者は、飲酒をやめ、身体を正常に機能させるために何をすべきですか?身体に次の栄養素を供給してください:

 

 

1.ビタミンCの飽和(1日あたり10,000〜20,000 mg程度)。
高用量のビタミンCは、アルコール代謝の有害な分解生成物を化学的に中和する。ビタミンCはまたアルコール依存症でよく見られる脂肪蓄積を改善させて肝臓の能力を高める。
飽和に滴定するには、1時間に1000mgのビタミンCを服用します。飽和に達すると、1回の下痢のエピソードが生じる。次いで、4時間ごとに1000mgに用量を減らす。

 

2.B50-コンプレックス(各主要B-ビタミン50mgを毎日6回含む)。

 

3.L-グルタミン(2000または3000mg)。 L-グルタミンはアルコールの生理的渇望を減少させるアミノ酸です。
グリコーゲンを燃やして脳に燃料を供給し、多くの神経機能を刺激するのは、2つの主要エネルギー供給者の1つです。
L-グルタミンは肝臓や腎臓で自然に産生されます。アルコールは腎臓や肝臓に害を及ぼすため、補給は非常に重要です(砂糖とアルコールの渇望を同時に減らす)。

 

4.レシチン(毎日2〜4杯)。 B複合体に関連するイノシトールおよびコリンを提供する。レシチンは肝臓から脂肪を動員するのにも役立ちます。

 

5.クロム(毎日少なくとも200〜400mcgのポリニコチン酸クロム)。クロムは炭水化物の代謝を大幅に減少させ、血糖値をコントロールするのに大いに役立ちます。ほとんどではないにしても、多くのアルコール依存症が低血糖である。

 

6.マグネシウム(400mg)と酸化防止剤カロテンとd-αトコフェロールを含む、高効能のマルチビタミン、マルチミネラルサプリメント。

 

要約すると、アルコール症は、正常な代謝機能に戻るために適切な量の適切な栄養素を必要とする。上記の栄養素は、安全で、効果的で、安価であり、処方箋なしにディスカウントストアまたは健康食品店から入手可能である。

 

ビタミンからは1年に1つの死もありません。適切に処方され、指示通りに服用される医薬品は、年間100,000人以上のアメリカ人を殺します。

 

ほとんどの病気は根本的に栄養失調に起因しています。これには、慢性疾患だけでなく、不十分な栄養によって大幅に悪化するウイルス性および細菌性急性疾患も含まれる。

 

サプリメントは問題ではありません。サプリメントは解決策です。栄養不良が問題です。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アルコール症には、
ナイアシン3g+C10~20g+B50コンプレックス6錠、
プロテイン30g、
レシチン+クロム+マグネシウム、
マルチビタミン+マルチミネラル。

 

 

 

 

 

 

元記事はこちら

 

 

アルコール依存症治療法プロトコール(藤川先生のアメブロに飛びます)

 

 

 

 

 

冒頭にでてくる
Abram Hoffer(エイブラハムホッファー博士)
はオーソモレキュラーの第一人者の方です。
それを藤川先生がご紹介している記事です。
藤川先生は広島で開業なさっている
心療内科医さんです。

 

 

 

 

 

アルコールも砂糖も

 

代謝分解する過程で

 

大量の栄養が枯渇するんですね。

 

(アルコールも結局体内で糖に変わるし。)

 

 

 

サプリ摂っても

 

結局砂糖を膨大に摂っていたら

 

意味がないんでしょうね。

 

やっぱりか!!やっぱりそうなのか!

 

って思ったひとも多いんじゃないかな。

 

 

 

 

わかっているけど辞められない・・・

 

でもそれすらも単なる栄養失調による

 

症状とするなら必要な栄養を

 

補ってやれば枯渇も

 

かなり抑制できると考えてよさそうですね。

 

 

 

心療内科医である先生が

 

ここまでの情報を提供してくださっている

 

ことに非常に意味を感じるし感謝ですね。

 

わざわざ医者にかからなくとも

 

情報収集することができる。

 

 

 

 

良い時代になったものだ。

 

 

(北斗の拳のシン。)

 

 

 

メガビタミンと高たんぱく食と糖質制限は必須

 

 

 

  

 

 

 

 

うつ病でも摂食障害でも

 

パニック障害でも必ず出てくる

 

治療の基本が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メガビタミン

 

 

+

 

 

高タンパク質

 

 

+

 

 

糖質制限 

 

 

 

 

 

 

 

この軸を外してのサプリメント摂取は

 

効果的ではなくなるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

すべての慢性疾患を治したいのであれば

 

精製糖質をただちに止める!!

 

 

 

 

 

最近の革新的な治療法では

 

ほぼ常識になってますね。

 

 

 

 

 

膨大なサプリメントにドン引きした管理人アキ

 

 

ひとつ気になったことがあった。

 

facebookや記事の投稿を見ていたら

 

藤川先生自身も

 

 

 

やたらめったらサプリメントを山のように摂取されていたこと

 

 

 

 

おいおいおい!こんなに摂って身体

 

大丈夫なのかよ!?と (笑)

 

 

 

今までの常識では到底考えらえない。

 

 

 

 

 

ちなみに・・・

 

これ管理人アキが摂取している11種。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ビタミンC
  •  

  • マルチビタミン
  •  

  • ビタミンB50コンプレックス
  •  

  • マグネシウム
  •  

  • ナイアシン
  •  

  • レシチン
  •  

  • アミノ酸スコア100のホエイプロテイン
  •  

  • ビタミンE(dアルファトコフェノール)
  •  

  •  

  • クロム
  •  

  • Lグルタミン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引くよね w

 

 

 

 

 

 

でもそこには藤川理論ならではの

 

信念があります。

 

 

 

管理人アキの目ん玉が

 

西川きよし師匠よろしく

 

30cmほど前にズドーン!

 

と飛び出た記述がコレ。

 

 

 

 

 

 

鉄分10代~55歳の女性の99%が不足しています。

 

1日に必要な摂取量はほうれん草でバケツ4杯分。

 

甘いモノが止められないあなた鉄分不足ではないですか?

 

 

 

 

※ 月に一度のLB(Lost Blood)による鉄分流出と思われ。

 

 

 

微量ミネラルである鉄分でこの有り様。

 

 

 

 

たんぱく質は?

 

アミノ酸は?

 

ビタミンCは?

 

ビタミンB6は?

 

ビタミンB1は?

 

ビタミン12は?

 

マグネシウムは? 亜鉛、クロム、カルシウムは!?

 

 

 

え。

 

 

どの栄養素も圧倒的に足りてない?

 

まるで足りてない?

 

 

しかも

 

 

 

 

甘いモノを欲する理由が鉄不足?

 

 

 

これさ、

 

 

 

女性は特にスイーツ大好きなのも

 

そのためか?

 

 

過剰に欲して摂食障害みたいに

 

なってるのも鉄不足なのかもしれないね。

 

(女性からのメール。この傾向めちゃ多いです。)

 

 

 

膨大なサプリメント分

 

まるで栄養が足りてないのが現実

 

なのだ。

 

 

 

 

 

 

質的栄養失調には絶対量を補充せよ

 

 

 

 

 

 

藤川理論による

 

質的な栄養失調とは

 

 

 

 

 

質的な栄養失調=糖質過多+タンパク不足+脂肪酸不足+ビタミン不足+ミネラル不足

 

 

 

 

 

 

 

管理人アキも数々のサプリで補っていたこともある。

 

おお!という効果を実感することもあれば

 

特になんとなーく普通なこともあった。

 

 

 

 

これももしかして・・・

 

 

サプリメントが効かないのではなく

 

 

 

 

  身体に必要な絶対量が圧倒的に足りていないのでは?

 

 

 

 

と。

 

 

 

 

酒だの砂糖だのパンだのが奪っていった結果

 

不調に見舞われたのではないか?

 

もしそうだとしたら・・・

 

 

 

 

 

 

精神薬ってなんの意味があった?

 

 

まぁそれは今回は置いておこう。

 

 

 

 

 

藤川先生は

 

 

 

 

 

 

栄養はバランスではなく

 

絶対量を満たすことが大切なのだと

 

説いておられた。

 

 

 

 

現代は土壌汚染や環境汚染が

 

進んでいるため土に栄養が少ない。

 

野菜や果物は品種改良されており

 

やたらめったら糖質が多く

 

ビタミンなどは昭和30年代のそれの

 

16%しか含まれていない・・

 

なんて記述もどこかで見た気がする。

 

 

 

 

 

食事だけでは圧倒的に足りないワケだ・・・!!!

 

 

 

 

 

管理人アキが抱えていた

 

むくみもたんぱく質不足による

 

ものだそうで。

 

(低たんぱく血症になる場合も。)

 

 

シャバシャバな血液では

 

丈夫で健康な臓器が作られない。

 

代謝をあげるためにもしっかりとした

 

腎臓・肝臓を作る必要があるのか~・・

 

そんな風に思った。

 

排毒・解毒力も上がらないのかもな~と。

 

 

 

たんぱく質

 

の重要性も書いたけど

 

藤川理論のfacebookページでは

 

 

 

体重×1.5g推奨

 

 

 

管理人アキなら

 

 

70×1.5=105g

 

 

 

 

食事だけでは到底足りないから

 

みんなプロテインでたんぱく質を補っている。

 

 

※プロテイン30gでステーキ200gのたんぱく質

 

 

 

 

 

栄養素ってびっくりするくらい

 

綿密に手を繋ぎ合っている。

 

だから単体だけ過剰摂取しても

 

逆にバランスを乱すことになる・・・

 

と考えると

 

 

 

総合的に複合的にしっかりと絶対量を満たすってことが必要なんだな

 

 

 

って思った管理人アキでした。

 

 

 

 

 

食事の質の底上げを図りサプリメントで

 

 

さらに代謝吸収機構をパワーアップさせる

 

 

 

 

そんな感じですかね。

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

もちろんね、

 

 

 

全部を鵜呑みにする必要はないです。

 

 

人によって正解なんて違うのだから。

 

 

「うつが栄養によって治る?

 

は? そいつの考え方と気持ち次第だろ!

 

関係ねーぢゃん。エビデンスがねぇわ w」

 

 

ってひとも・・いるかもしれんし。

 

 

 

 

管理人アキみたいに

 

 

「エビデンスなんかいらん。

 

それは俺自身がやってみて

 

自分なりのエビデンスを

 

証明して真実とすればいい。

 

参考意見として受け取ってはみる。

 

でも

 

ピンと来たんだからやってみよう。

 

やってみてどうなるかを知りたい。

 

ダメなら他の方法を考えればよい。

 

やってみる価値があると思うなら

 

やった方が絶対イイ!」

 

 

ってひともいると思うしね♪

 

 

 

 

なんでもそうだけど

 

 

 

あなたがあなたなりにも色々な情報を集めてみてください

 

 

 

藤川理論のfacebookページを貼っておきます。

 

facebookやってる方は

 

https://www.facebook.com/groups/1727173770929916/

 

で承認してもらいましょう♪

 

グループ名は

 

「メガビタミン主義+糖質制限=藤川理論」

 

です。

 

 

 

 

 

次回は

 

藤川理論を実践して3週目。

 

実際どうなったか!

 

管理人アキの

 

徒然を書いてみたいと思います。

 

 

たんぱく質バンザイ!

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました(^_^)

 

 

 

 

 

 

前回記事
うつの再は・・つ・・か?

 

次回記事
高タンパク食メガビタミン生活でどうかわったか

オーソモレキュラーを主体とした栄養療法の開始関連ページ

高たんぱく食メガビタミンが向かないひと
【適応障害】や【うつで働けない】ひとでも高たんぱく食メガビタミンの栄養療法でメンタルは改善していきますが糖質過多のひとやたんぱく質慣れしていない女性は注意が必要です。
高たんぱく食メガビタミン生活でどうかわったか
【うつ病】【不安障害】持ちが回復後に陥った心身の不調。原因は足りない栄養素がありすぎたことでした。メガビタミンと高たんぱく食で復活させる!
発酵食品を積極的に摂りうつを緩和させる 
【発酵食品】が腸内環境と脳を整える脳腸相関【うつ】をマシにさせる【発酵食品】であなたが積極的に摂りいれるべき食品とは?
うつ克服のための食事改善
【うつ克服】には【栄養療法】。生活習慣病メンタル版がうつだとしたら【うつ克服】には【栄養療法】がかなり効果的だと思います。
うつを悪化させる食べ物
【うつを悪化】させると食べ物として【過剰な炭水化物・糖分】と言われているのをご存知でしょうか?特に冬場になると【甘いもののドカ食い】をして精神が不安定になっている人は【うつを悪化】させているかもしれません。
うつが治らない原因は食事かもよ?①
食生活の乱れは体調不良はもちろん、心の病になる方も多い現実。現代の病気・・・うつも含めほとんどが生活習慣病と言われております。まずは食事から見直すべきことは多々あるのです。
うつが治らない原因は食事かもよ?②
人工甘味料入りの加工食品はおいしいですが健康を損なっていきます。もしあなたがうつが治らないとお悩みで食生活が乱れているのであれば食事改善をすることで劇的に快癒することもあるのです。
うつが治らない原因は食事かもよ?③
うつの人に必要な脳内に必要な栄養素をしっかり変換しないと栄養にならない。○○が含まれている食材を意識し、摂取することで精神的な気分も変わってきますよ!
うつが治らない原因は食事かもよ?④
うつをいち早く克服するために必要なことは食事改善だと経験から思います。脳内に栄養を行き渡らせるために必要な酵素。酵素をしっかり働かせるために必要な栄養素はビタミン(別名:補酵素)です。
イライラした時にはバナナらしいな!?
【うつ】で【イライラ】することもあります。【イライラ】を抑えるにはカルシウムとセットで大切な栄養素がバナナには含まれています。
うつイライラの代表的な食べ物 
うつイライラの代表的な原因はあなたも大好きな○○だった!?当てはまっている可能性は非常に高いです!
うつ・精神不安定の要因①~マグネシウム不足~
うつっぽく無気力でイライラ。まぶたのけいれんもある場合に慢性的なマグネシウム不足の可能性を疑う。
うつ・精神不安定の要因②~マグネシウムの上手な補い方~
うつ、イライラ、無気力の原因は【マグネシウム】不足だった。300種類以上の酵素を活かす【マグネシウム】の補い方。
うつ・精神不安定の要因③~鉄分不足~
【朝】から無気力で起きられないなどの【うつ状態】が現れるあなたに足りていない栄養は鉄かも知れません。
うつ・精神不安定の要因④~鉄分不足時の特徴~
精神不安定時は【鉄分不足】を疑う。【鉄分不足】の時に冷たい飲み物や氷を欲する理由。
うつ・精神不安定の要因⑤~たんぱく質不足~
精神不安定はエネルギーが枯渇する一歩手前や限界や底がみえた時に陥りやすい。脳の主要エネルギーはたんぱく質だ!
どこよりも詳しいセロトアルファ徹底レビュー
朝起きれず夜眠れないあなたに。どこよりも詳しいセロトアルファ徹底レビューページです。
病んだ人に共通した食べ方 
病んだ人に共通した食べ方は噛まずに食べている。スイーツや砂糖菓子は丸呑みも同然。これでは胃腸に負担をかけ精神を病ませてしまいます。
咀嚼のススメ
【うつ】などの【精神不安定】に陥りやすい人の砂糖のバカ食い。咀嚼をすることで得られるメリットと甘いお菓子の減らし方。
甘いものがどうしてもガマンできねぇ!
【うつ悪化】と精神不安定と【砂糖】と血糖コントロールの深い関係性。
うつうつとした時の腸内環境の善玉菌悪玉菌
【うつ病腸内環境】を改善する【サプリ】のご紹介。【うつ病腸内環境】は発酵食品と乳酸菌を摂りいれた菌活&腸活で活かすライフへ。
心が病んだ時に必要な栄養素をサプリでサクッと補給する
【うつ改善】に必要な栄養素は【酵素】をいかに摂取するかが大切になります。しかし【うつ改善】の食事療法だけでは継続が難しい場合に【酵素】をバッチリ摂れるサプリメントのご紹介。
うつは食事療法で快癒に向かう傾向がある
【うつ】は【食事改善】でひとが変わったように快癒に向かうこともあります。ジャンクフードや【砂糖】の摂り過ぎを控えただけで精神が安定してきた症例を2つご紹介。

出社うつの緩和に

管理人アキへメールする


活かしたアイテム集 初めての方へ もくじ